お金に困らない
経営者になる

お客様と社会の期待を超え、
優れたサービスを創造していく。

人の中に価値を提供する。

そこには誰もが唸る適性価格を
見極める判断力。

忘れてはいけないのが、
相手を思いやる心と一人ひとりの
強い意思と覚悟が存在する。

その根底には必ず「感謝」の
思いが在るということ。

一人一人が
自己を知り挑戦する

枠組み仕組みではない有機的な評価は、
一人一人の重要感を高め、
強みを見つけて育ち、更なる挑戦へ。

個々を認め合い、
お客様の真実のニーズを見つけ出す。

お客様の想像を一歩でも超えたところに、
社会の課題を解決する新しい価値が生まれる。

さあ、挑戦しよう。

私たちの「プロフェッショナルサービス」とは、
そういう挑戦の連続だ。

変わり続けて行く

世間様の物語から自分の物語へ
強い者が残るのではない。変わり続ける者が、
次世代を背負う存在になっていく。

AI、IoTなど、コミュニケーション環境が
根本から変わる中、
培ってきた知見やノウハウを活かし、
新たなプロフェッショナルサービスを
創造していく。

「期待を超えなければ、仕事ではない」
この言葉は、私たちが自らを律する

言葉であると同時に、
ワクワクする未来をこの手でつくろうという、
自分への期待の言葉だ。

青野的思想

第1層(表層)
お金に困らない経営
売上とは感謝の現れ→ワクワク系経営
3つのP(People Philosophy Plan)の強化→利益(Profit)

第2層
高付加価値経営
適正価格での販売(値戻し)
事業領域の再構築

第3層
経営の分業
枠組みを崩す 仕組みではなく有機的な360度評価
自由闊達な組織

第4層
世間様の物語から自分の物語へ
Deep Grounding
受容共感自己一致
外側ではなく内側の埋めたいものを埋める

第5層(深層)
ワンネスな世界へ